歯科口腔外科

歯科口腔外科とは?

歯科口腔外科では、齲蝕や歯周病の治療を除く口腔内における歯科疾患を扱っており、そのほかに一般歯科も扱っています。口腔外科の診療範囲は幅広く、腫瘍や先天異常、事故などにおける外傷、血液疾患や感染症、顎関節症、ストレス障害など、さまざまな疾病の診断と治療を行います。治療内容においては、内科的処方や手術を伴う治療を行う場合も多く、口腔内~頭頸部顔面に至るまでの多種多様な疾病を受け持っています。そのため、民間の歯科医院で歯科口腔外科を扱うケースは少なく、設備面や人材が整った大学病院などの大きな病院で歯科口腔外科を受け持つことが一般的です。

1 Characteristics 歯科口腔外科の特徴

歯科口腔外科では、口腔内の歯科疾患や腫瘍、奇形などの治療のほかに、一般歯科も扱っているため、患者層は非常に幅広いです。先天異常の治療では小さなお子様の患者も多く、子供から大人までそれぞれの歯科疾患や疾病にて治療方針は異なります。そのため、在籍している医師などのスケジュールによって診療予約は必須となることがほとんどです。
また、一般歯科では基本的に保険適用外となることが大半ですが、口腔外科では外科的矯正治療や唇顎口蓋裂及びその他先天性疾患など、専門医の治療により患者の負担が大きい場合、保険適用となるケースが多いようです。そのほか、医療保険に加入している場合、歯の治療・手術内容などにもよりますが、医師の診断書があれば給付金の対象となることもあります。

2 Job description 歯科口腔外科の業務内容

歯科口腔外科における歯科衛生士の業務は、歯科医師の治療行為の補助業務が中心です。また、入院患者の口腔ケアやブラッシング指導などの業務もあります。口腔外科では、内科的処方や外科的治療を行うケースが多く、一般歯科と比べてより医療に近い場面が多数あります。そのため、患者さんの疾患などによって治療内容も大きく変わります。歯科医師の治療行為の補助業務といっても、一様に業務内容をひとまとめにするのは難しく、ケースバイケースといった内容となることがほとんどです。

3 About recruitment 歯科口腔外科の求人について

歯科口腔外科の求人量は全国的に少なめです。というのは、一般歯科と比べて歯科口腔外科を有する病院が歯科医院などと比べて圧倒的に少ないことが起因しています。また、歯科口腔外科における歯科衛生士の離職率は低く、一度就職をしたら長く腰を据えて働く方が多いため、なかなか欠員が出ないという現状も起因しており、倍率は高めという印象です。しかし、少なからず求人はあるわけですから、こまめに新しい求人情報をチェックし、歯科口腔外科の募集を逃さないということが大事であるといえます。
歯科口腔外科の求人は、一般歯科などと比べてややお給料は低めです。しかし、他の診療科目よりも勤務時間が短めであったり、土日休みや長期休暇が取得しやすいといった働きやすさがあるため、ワークライフバランスを重視される方には人気のお仕事となっています。