一般歯科

一般歯科とは?

一般歯科は、矯正歯科や審美歯科といった特殊な治療を除く虫歯治療や根管治療、歯周病治療などを中心に、
親知らずの抜歯や入れ歯の製作など一般的な口腔内トラブル全般に対応する歯科のことです。
治療の多くが保険の範囲内で行われることから、一般歯科のことを保険診療という人もいます。
歯の治療はもちろんのこと、歯に関する相談や治療後のフォローまで業務内容は多岐にわたります。
一般歯科が利用される頻度は高く、そのため民間の小さな歯科医院からクリニック、大学病院などの大きな病院までさまざまな施設で受け持っています。
特にこれといった症状がない場合にも定期的に歯科検診を行うよう推奨し、虫歯や歯周病の予防、早期発見・早期治療に努めます。
一般歯科で扱えない専門的な病症に対しては、地域ごとに連携する専門機関へ患者を誘導するなどパイプの役割も果たします。

1 Characteristics 一般歯科の特徴

一般歯科では、虫歯や歯周病などの治療に加え、定期的なメンテナンスも行っているため、患者の年齢層は幅広いです。
子供から大人まで多種多様な病症で通院されるので、治療方法もさまざまです。
大病院は診察予約が必須のところがほとんどですが、小さな診療所など開業医が個人で経営する一般歯科ならば予約なしでも診察してもらえることがあります。
また、インプラントや歯科矯正などの専門治療のほとんどが保険適用外となりますが、一般歯科での治療は保険が適用されるケースが多いです。

2 Job description 一般歯科の業務内容

一般歯科における歯科衛生士の業務は、歯科医師による治療行為の補助業務が中心です。
歯科助手とは異なり患者の歯に直接触れることが国に認められているため、治療前の歯のクリーニングやブラッシング指導、保健指導なども行います。
また、近隣の学校や介護関連施設などで、歯の健康を維持するための指導を行うこともあり、患者とのコミュニケーションを求められる場面が多いです。
加えて、歯科助手のいないところでは受付や案内も仕事内容に含まれることがあります。
歯科技工士も一般歯科で勤務することがあり、入れ歯や虫歯の治療の際に必要な詰め物を製作することが主な仕事内容です。
患者の口内に装着する人工物を製作するので、精密な加工技術や集中力が要求されます。
歯科衛生士と比べると患者との接点は極端に少ないですが、歯の治療には欠かせない大切な役割を担っています。
しっかりと食事を摂り健康寿命を延ばす意味でも、疾患のない健やかな歯であることはとても大事なことです。
高齢化社会が進む日本では歯や口腔内の健康の維持に注目が集まり、歯科衛生士や歯科技工士の果たす役割の重要性が見直されています。

3 About recruitment 一般歯科の求人について

現在、一般歯科を扱う歯科医院は全国で68,000件を超え、今後もその数は増えることが予想されるため歯科衛生士の需要は高く求人量も多く、求人の半数が未経験OKとなっています。
大規模の歯科医院・クリニックだからといって好条件の求人があるとは限らず、給与や待遇面は職場によりさまざまなので希望の条件に合った職場かどうかの事前調査が重要です。
歯科衛生士の就職先は歯科医院が一般的ですが、保健所や介護関連施設、大学病院や総合病院と幅広い選択肢があります。
また、歯科衛生士会ではブランクのある人に向けての復職支援も各都道府県で行われるなどサポート体制も整っているため、結婚や出産後も長く続けられる仕事です。
一般歯科を扱う医院の大半は、診療時間もあらかじめ決まっているため家庭との両立もしやすく、ライフスタイルに合わせた無理のない勤務が可能です。