小児歯科

小児歯科とは?

小児歯科とは、一般的に18歳までの子供を対象とした歯科の診療科目です。また、障がい児においては20歳を超えている場合でも、治療対象となるケースがあります。
診療内容は一般歯科とほぼ変わらず、予防歯科をはじめ保健指導や虫歯治療などを中心としています。
近年では、歯医者さん嫌いの子供たちが安心して治療を受けられるように、小児歯科を設ける歯科医院ではさまざまな工夫がなされています。その一例として、待合室やキッズスペースの充実、DVDを見ながらの治療や診療後のガチャガチャ、こども診察券などがあり、多くの小児歯科で独自にそれぞれ特徴を持ち、子供たちにとって優しい環境が整備されています。

1 Characteristics 小児歯科の特徴

小児歯科では、成人するまでの子供を対象とした歯科の診療科目です。そのため、小児歯科では乳幼児から18歳までの未成年が来院し、一般歯科などと比べ院内は賑やかな印象です。また、小児歯科を有する一般歯科も多く、親子3代まで一緒に通えるというコンセプトを掲げ、ファミリー層を中心とした歯科医院も全国的に展開されています。
小児歯科では保険適用となる保険診療と自費診療がありますが、保険適用となるケースは原則病気の治療と認められるものとなります。その他例外もありますが、治療法や治療に用いる材料などによって異なります。
予約については、一般的には予約優先治療となることがほとんどですが、当日予約なしでの治療も可という歯科医院が大半です。また、治療の前に子供の歯の状態をチェックし、ゆっくりと適格に治療方針を決めていく場合が多く、
コンサルテーションルームでまずはリラックスした状態で診療を進めていくケースも増えています。

2 Job description 小児歯科の業務内容

小児歯科を有する歯科医院にて、子供やそのご家族を中心に口腔ケア全般と診療補助業務を行います。特に、小児歯科では子供が小さなうちから虫歯になりにくい健康的な歯をつくる”予防歯科”に重点を置いている医院が多く、歯磨き指導や定期検診では歯科衛生士として力の見せ所となります!
子供は大人よりも歯医者を怖がるので、歯科衛生士に求められることは技術力だけでなく、安心して治療を進めていくためのコミュニケーション力も求められることとなります。少しでも子供の不安をなくし、負担の少ない治療を進めていくためには、一人一人のこどもに寄り添った対応や笑顔など、小さなことにも気づく広い視野を持つことも大切です。

3 About recruitment 小児歯科の求人について

小児歯科における求人は全体求人の約15%を占めており、全国的に常時募集があります。小児歯科だけのこども歯科クリニックから、小児歯科をはじめ複数科目を有する歯科医院まで幅広く募集があるため、小児歯科の専門分野だけでなく、複数の分野で学ぶという選択肢もあります。
小児歯科の求人では、一般的に子供が好きな方であれば未経験でも歓迎という歯科医院が大半です。子供を対象に診療を行うため、きちんと業務内容がマニュアル化されている場合が多く、新しい分野にチャレンジされる方やブランクがある方でも、安心してお仕事をスタートすることができる環境が整っています。また、担当制を設けている歯科医院も多く、やりがいを感じながら働くことができる点も魅力的であるといえるでしょう。