予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科とは、虫歯にならない健康な歯をつくるために予防医学に基づいた歯科診療を行う科目です。美味しく食べること、楽しく会話することを生涯維持していくために、歯科医師と歯科衛生士が一緒になって定期的な検診を中心に診療を行います。主な診療内容は、虫歯ができていないかのチェックや歯茎の腫れなどのチェックをはじめ、虫歯になりにくい強い歯をつくるフッ素塗布や正しい歯磨き指導、食生活におけるアドバイス、プロによる歯のクリーニングなどがあります。欧米をはじめ近年では日本でも予防歯科に着目し、審美歯科とともに力を入れている歯科医院が増えている傾向にあります。

1 Characteristics 予防歯科の特徴

予防歯科に訪れる患者層は赤ちゃんからお年寄りまで幅広く、年齢や歯の状態に合わせた治療プログラムに沿って診療を行います。予防歯科を取り入れる歯科医院は全国でたくさん展開されており、予防歯科のほか一般歯科や矯正歯科などの複数科目を有している傾向にあります。基本的に診療は予約制が大半で、近年では診療後の予約や電話予約以外に、ネット予約を取り入れている歯科医院もあります。
また、平成28年度の診療報酬改定により、厚生労働省から「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定された歯科医院では、虫歯や歯周病予防に関する診療を保険適用で受診することが可能となっています。

2 Job description 予防歯科の業務内容

予防歯科では、主に歯周病や虫歯を防ぐための歯科予防処置を行います。患者自身ではなかなか取り除けないプラークや歯石などを取り除いたり、フッ素の塗布を行ったりします。そのほか、定期的な検診による歯のチェックやブラッシング指導など、歯の健康を維持するための予防を患者と一緒に予防していくという業務が中心となります。その上で今後必要となる治療については、歯科医師と歯科衛生士が連携し、丁寧なカウンセリングやレントゲンなどの結果から、適切な治療を行っていくというスタイルになります。

3 About recruitment 予防歯科の求人について

”予防歯科”というキーワードでお仕事を検索するだけでもお仕事はたくさんありますが、近年では一般歯科や審美歯科などでも予防歯科を重視し取り入れている歯科医院が増加傾向にあり、予防歯科を学びたいという目的にあった歯科医院は全国的に豊富にあります。歯医者に訪れる患者の大半は、虫歯や歯周病で悩む方がほとんどなので、それらを予防するためにできる歯科衛生士の役割というのはとても大きなものがあります。そのため、多くの歯科医院では歯科衛生士の役割を最も発揮することのできる予防歯科において、多くの歯科衛生士を募集しています。経験の有無を問わず、働きながらスキルを身に着けていくことが可能なため、未経験やブランクがあるからといって不採用になるケースはさほど多くはないでしょう。