ケース別 職務経歴書の書き方

ケース別 職務経歴書の書き方

これまでの経歴によって、職務経歴書の書き方は様々です。
ここでは5つのケースをご紹介しますので、自分の経歴に近いものを参考にしてください。

1. アルバイト・派遣から正社員へ

まずは「正社員として働きたい理由」を明確にする必要があります。新卒の未経験者と違うのは、実際の現場で経験があることですので、その経験を踏まえての志望理由を考え、職務経歴書を作成する必要があります。また、正社員になったらできること・やりたいことをイメージし、その実現のためにどのように頑張っていくのか、目標をどこに置くのかを具体的にして、記入をするようにしましょう。

2. 1年以上ブランクがある場合

ある程度ブランクがある場合、採用担当者はどうしても「このブランクの間、何をしていたか」が気になります。
もし、ブランク中に何か学んだことや、得たスキルがあった場合はしっかりと記載しましょう。また、今回ブランクからの復帰を考えた理由・きっかけについても確認されることがあります。
こちらについて、先方さんからみてもご納得頂けるような理由を記入して、職務経歴書を完成させるようにしましょう。

3. 転職回数が多い場合

転職回数が多いと、採用側は「採用してもまたすぐ辞められてしまうのではないか…」などのマイナスイメージを持たれることが多いので、これを払拭するような職務経歴書を作成するように心がけましょう。そのためにもまずは、退職理由を明確に記載しましょう。その際は、自分の可能性への挑戦、新たな環境で再チャレンジという表現などで、ポジティブな姿勢をアピールするようにしましょう。また、様々な職場で働いてきているので、その経験を次の職場でどう活かせるのかを記載できるよう、先方の企業研究や特徴を捉えて志望動機に記載をし、「次の職場で長く働いていきたい」という熱意が伝わるように職務経歴書を作成しましょう。

4. リストラ・倒産した場合

転職の理由が前職のリストラの場合は、自身がリストラの対象となったことに理由があるかは、先方の採用担当者の気になる点です。
特に自身がリストラの対象となる原因がない場合は、この機会を良いチャンスだと思い、次の職場で新たな環境の下、頑張っていきたいという会社の倒産・事業の失敗などの場合は、そちらに入職する際はそのような懸念はなかったのか、確認される場合があると思いますので、当時の状況や、どういった理由で入職したかを改めて整理し、それを踏まえての今回の転職では何を実現したいかを具体化しましょう。
もし、倒産や事業の失敗をした会社で、自身がある程度の役職をもっていた場合は「倒産や事業の失敗などは事前に防げなかったのか…」と思われがちです。
そうでない場合は、それを否定する形で、今後のキャリアを踏まえた仕事をしていく旨を記載し、「新たな職場でチャレンジするんだ」というポジティブな気持ちを前面に出すことが必要です。

5. 新卒・第2新卒の場合

職歴と言えるものがない場合がほとんどですが、今までに経験したアルバイト・実習・初期研修などで得たビジネスマナー等をしっかりとまとめ、 その中で気を付けていた点・努力していた点があればあわせて記述しましょう。 そのうえで、記載出来る資格・留学経験などがあれば必ず記載しましょう。 また、在学中あるいは在職中に努力した点や、壁にぶつかった時にどのような対処・努力をしたかを記載し、問題解決にどのように向き合ったのかを記載しましょう。 少ない職歴を補うため、志望動機・自己PRなどで仕事への意欲をしっかりとアピールしましょう。

多くの歯科医院、クリニックと繋がりがあるからこそわかる1

急な面接でも大丈夫♪職務経歴書の書き方 ー職務経歴書ダウンロードー

面接のときに必要となる履歴書や職務経歴書。
コンビニなどでもすぐに購入できますが、こちらから無料でダウンロード、印刷できます。
※印刷するときは、A4用紙を2枚ご用意ください。

職務経歴書もプロにお任せ♪ ー転職サポートー

転職活動で求人探し、職務経歴書作成、面接準備などおひとりで困っていませんか???
デンタルWORKERには、長年の転職サポートでノウハウを培った「転職のプロ」が多数在籍。
あなたの転職活動を徹底的にサポートします!

求人のご紹介から、履歴書・職務経歴書添削・アドバイス、退職理由の話し方、面接・見学の日程調整、自分では言い出しにくい給与・待遇・勤務時間や配属希望など条件交渉まで全てサポートいたします。
ハローワークなどの求人票には載っていない、口コミ情報や実際の職場環境などをお教えします!

完全無料情報収集だけでもOK!!
履歴書添削・転職のプロに相談したい方はこちら
求人を検索する