歯科衛生士さんの履歴書 ー志望動機 文例ー

歯科衛生士業界での志望動機の書き方教えます!

なぜこの歯科医院を選んだのか?という理由から、当該病院で活躍してくれる人材かどうかを判断する材料として、採用担当者が最も重要視する項目が『志望動機』です。
しかし、いざ履歴書に志望動機を書こうとしても、うまく言葉が出てこずペンが止まってしまう…という歯科衛生士さんも多いのではないでしょうか。
 

「職務経歴書で職歴をしっかり書いておけばいいか!」
「書類選考なんか大体通るから志望動機は適当に書いておいても大丈夫!」

といった甘い考え方で志望動機作成に取り組んでいる方…いませんか?
このような甘い考えで書類応募をしていては、いくら歯科衛生士としての経験が豊富であっても、書類選考の段階で落とされてしまうことは大いにあり得ます。
せっかく希望した歯科医院だったのにも関わらず、面接までたどり着けずに書類選考で落ちてしまったなんて勿体ないですよね。
そこで、志望動機作成に苦手意識を持つ歯科衛生士さん必見!
当たり前のようで意外と知らない『志望動機の書き方のコツ』を、デンタルWORKERがイチからお教えします!
志望動機の書き方に迷ったら、ぜひこちらをご参考にしてみてくださいね♪

歯科業界における志望動機とは?

デンタルWORKERでは1万件に近い数の歯科衛生士の求人を掲載しており、歯科衛生士は今まさに売り手市場にあるといえます。
しかし、働く条件や待遇面は規模や診療内容によって異なるため、多くの歯科衛生士はより良い待遇面となる歯科医院で働くことにスポットを当てて就職・転職活動を行っています。
その中で、書類選考における合否を決める分かれ目となってくるのが『志望動機』。
歯科業界では、予防歯科、小児歯科、総合歯科、審美歯科などといった診療内容によって複数の診療科があり、歯科院長はそれぞれの診療科でどのように歯科衛生士として活躍してくれるのかという点を、応募者の志望動機から判断していきます。
そのため、歯科業界における志望動機では、応募者の明確な思いや熱意をはじめ、歯科衛生士ならではの志望動機を考えていくことが大きなポイントとなります。
では、具体的に以下の項目でご自身の志望動機を洗い出していきましょう。

自身の強みや経験から応募先でどのように働くことができるかを伝える

募集内容や採用条件をふまえて、歯科衛生士の仕事における自身の強みや、応募先の歯科医院で魅力的に感じたこと、取り組んでみたいと思ったことなどを整理していきましょう。
応募先となる歯科医院を希望したきっかけを、色々な視点からリストアップしていくことで、自身が応募先の歯科医院でどのように働いていきたいのかが見えてくるはずです。
例えば、総合歯科で働いていたという経験がある場合、自身の強みとして歯科衛生士の基礎を身に付けている、幅広い業務に対応できるといった強みがあるはずです。
その強みを、次に志望する歯科医院ではどのように活かすことができるか?と矢印で結んでいくことで、採用担当者に響く志望動機が完成していくというわけです。
 
例えとして以下の例文を参考にしてみましょう。
 


「前職では総合歯科で歯科衛生士の仕事の基礎について学びましたが、経験を積んでいく中で歯科衛生士の本質でもある予防歯科について学びたいと考えるようになりました。貴院では予防歯科に注力しており、院内研修はもちろん、外部への研修制度も設けていることから、スキルアップしながら専門性を高めた働き方ができると考え志望いたしました。」
 
例文の志望動機からは、自身の経験をふまえた強み・長所、応募先の歯科医院で学びたいこと、魅力的に感じたことが凝縮された志望動機となっています。
リストアップした志望動機の中でも特に強い“あなたの思い”を反映できる志望動機から、あなたが持つ強みや興味が歯科衛生士の仕事においてどのように役立つかがイメージできる内容へとつなげることこそが、歯科業界における志望動機のコツといえるでしょう♪

就職後のキャリアアップイメージを明確に伝える

歯科衛生士としての自身の強みや応募先の歯科医院で魅力に感じたこと、取り組んでみたいことを志望動機でアピールすることはとても大事ですが、これだけでは志望動機としてちょっと弱いと感じる採用担当者も少なくありません。
では、さらに付け加えるとしたらどのような内容をプラスするとよいのでしょうか?
正解は、応募先の歯科医院でのキャリアアップイメージを明確にすることです。
応募先の歯科医院で魅力的に感じたことや自身の強みを活かし、就職後にどのように活躍しキャリアアップしていきたいのか?という点を詳しく掘り下げて伝えることがコツです。
具体的に、以下の例文を見ていきましょう。  

前職では総合歯科で歯科衛生士の仕事の基礎について学びましたが、経験を積んでいく中で歯科衛生士の本質でもある予防歯科について学びたいと考えるようになりました。貴院では予防歯科に注力しており、院内研修はもちろん、外部への研修制度も設けていることから、スキルアップしながら専門性を高めた働き方ができると考えました。また、総合的な歯科衛生士業務と専門性の高い歯科衛生士業務を極めることで、さまざまな患者さんの需要を満たす歯科衛生士としてキャリアを磨いていきたいと思い志望致しました。」

例文では、自身の強みや興味、学びたいことを志望動機に挙げ、さらにそこから“さまざまな患者さんの需要を満たす歯科衛生士になりたい”というキャリアアップイメージを明確にしています。
また、前職での経験を活かして応募先の歯科医院でどのように活躍することができるかという点においてもアピールすることが出来ていますので、より採用担当者に響きやすい志望動機となっているわけですね!
ぜひみなさんも参考にしてみてはいかがでしょうか。

歯科医院の特徴や診療科に応じた自己PRをする

歯科業界の志望動機において、応募先となる歯科医院の特徴や診療科目に応じた自己PRは、当該病院にとってよりマッチ度が高い人材として評価されやすくなります。
そのため、応募先となる歯科医院の理念や診療における取り組みなどで共感したことなどを自己PRに結び付けてアピールすることは、志望動機においてとても大きなポイントとなります。
歯科には総合歯科、矯正歯科、小児歯科、審美歯科、訪問歯科などさまざまな診療科がありますので、応募する歯科医院の診療科に合った自己PRをすることも忘れずに☆

◎歯科衛生士の自己PRの内容

・これまでの経験や実績からどんな役割を持って活躍できるか?
・共感した理念や方針から自身が挑戦したいこと
・他業種から転身する際に応募先で活かせるスキルや経験
・スキルアップのために取得した資格など

こんな志望動機はNG!気を付けるべきこと

思いつくままに志望動機を書くということは非常にリスクが高く、避けるべき事項でしょう。
というのも、思いつくままに書き始めてしまうと、決まって多くの方が最終的に伝えたいことがうまくまとまらなかったというケースがほとんどだからです。
まずは書きたいこと、採用担当者に伝えたいことをリストアップし、志望動機を整理してから書き始めることがベストでしょう。
また、うまく言葉が思いつかないからといって、ネットから引用した志望動機例文をそのまま引用するということも避けたほうがよいです。
なぜかというと、採用担当者は多くの履歴書に目を通すわけですから、オリジナルの志望動機と誰かの引用となる志望動機との判別は一目瞭然なのです。
そのため、多少言葉の使い方がおかしくても、この職場で働きたい!と感じたあなたの熱意や思いを志望動機に乗せて伝えることのほうが、よっぽど採用担当者にはグっとくる志望動機になるというわけなのです。

◎志望動機でNGとなる内容
◆自身の利益しか考えていない
家から近いため、給与が高かったので、といった自身にしかメリットのない志望動機からは、応募先で絶対に働きたい理由というものが伝わりにくいだけでなく、あなたの印象も悪くなりがちです。
しかし、あなたの中で自己利益が志望動機の優先順位がどうしても高い場合、そのメリットを応募先の歯科医院でどのように活かせるかを考え、志望動機にプラスすることでカバーできる可能性もあります。
 

「貴院は自宅から近く通勤に不便がないため、シフトに融通が利く点と自己研磨のために勉強に費やす時間が増えるという点に魅力を感じ、志望いたしました。」
 
◆抽象的であいまいな内容
志望動機で伝えたいことが抽象的で、何を伝えたいのか分からないといったあいまいな内容は避けましょう。
実際に自身がこれまで働いてきたエピソードを織り交ぜながら志望動機を構成するなど、具体的で伝わりやすい明確な志望動機を作成するようにしましょう。
 
◆自身のマイナスイメージにつながる内容
志望動機において、自己評価を下げてしまう内容は避けるべきです。
自身にとってマイナスに感じる短所も、長所に置き換えてみたらどんな風に働くことができるか?ということをイメージしながら、採用担当者にプラスと受け取ってももらえる内容に変換するようにしましょう。
 
(〇頑固な一面を一途な性格に変換した志望動機例)
「私は一つ一つの業務に対して頑固な面がありますが、歯科衛生士の仕事に対する思いは誰よりも一途だと自負しております。そのため、貴院では… 」
 
(〇優柔不断な性格を慎重な性格に変換した志望動機例)
「私はこれまで何事にも慎重に取り組むことを大切にしてきました。歯科衛生士の仕事において、この“慎重さ”はとても大事なことだと感じております。貴院では… 」

まとめ

いかがでしたか?
志望動機に苦手意識がある方も、書き方のコツを知って志望動機への捉え方が少し変わったのではないでしょうか♪
就職・転職において第一関門となる書類選考を勝ち進めるためには、まずは志望動機に対する苦手意識を克服すること!
採用担当者がどのような人材を求めているのかというニーズを探り、自身の経験や興味、成長していくステップを考え、志望動機で採用に対する思いを伝えることが何よりも大事なのです。
今回ご紹介した志望動機のコツをふまえ、納得のいく志望動機を作成し、書類選考を無事通過できることを祈っております♪

その履歴書で大丈夫?歯科衛生士さんの履歴書 ー良い例・悪い例ー

履歴書を書いていたけど、志望動機が難しい・・・

大丈夫!志望動機の文例を集めてみました★
自分の言葉に直して書いてみてください!

ポイント

  • 応募先のホームページや案内をチェック。
  • これまで経験のある業務内容(応募先の業務内容に合ったもの)⇒なぜその応募先で働きたいのか?

まずは、タイプ別志望動機例から貴方の応募先や条件に近い志望動機をチェックしましょう。

なるほど。この中から自分の応募先に合ったものを
選んで書けばいいんですね!

不安なら転職サポートをご利用ください♪
志望動機の書き方、退職理由の話し方、
面接での受け答え方をアドバイスいたします!

さっそく相談してみます♪♪

プロがあなたの経歴に合った志望動機の書き方をアドバイス!
施設ごとにアピールすべき必須ポイントを教えます♪

完全無料情報収集だけでもOK!!
履歴書添削・転職のプロに相談したい方はこちら

01. 病院から一般歯科に転職する歯科衛生士さんの志望動機

私はこれまで口腔外科のオペと病棟専門の総合で4年間勤務してまいりました。非常に勉強になり、スキルアップにもつながる場でしたが、結婚を期に夜勤を抑えなければならない影響もあり、より地域に密着して、一人ひとりの患者様を大切にできる一般歯科での勤務を志望いたしました。
貴院は予約制で一人ひとりの患者様へのカウンセリングや衛生士の事後フォローも手厚くされていることをホームページで拝見し、地域に密着した歯科衛生士としてさらにスキルアップできるのではないかと思い志望させて頂きました。

02. 一般歯科から訪問歯科に転職する歯科衛生士さんの志望動機

私はこれまで開業医の先生の元、常勤・非常勤含めて13年間、外来の衛生士業務に関わって参りました。その中で今後の高齢化社会に向けて、衛生士として個々のご自宅に訪問する訪問歯科の重要性を日々感じておりました。
貴院は一般外来と併せて、訪問歯科にも非常に力を入れられているということをお聞きし、今まで多数の患者様を診てきた経験を活かしながら、訪問歯科でもお役に立ちたいと考えて志望させて頂きました。

03. 歯科の審美領域に転職する歯科衛生士さんの志望動機

私はこれまで病院、一般歯科と外来、病棟を含めて8年間多様な経験をしてきました。直近の一般歯科で、ホワイトニングを中心に、特に女性が歯科の審美領域を必要と考えていることを実感致しました。
今までの担当制で一人ひとりの患者様を大切に対応してきたスキルを審美領域でも活かしてスキルもさらに磨き、貴院のお役に立ちたいと考えて志望させて頂きました。

04. 歯科の矯正領域に転職する歯科衛生士さんの志望動機

私はこれまで一般歯科の訪問・外来・矯正と幅広く対応させて頂ける環境で5年間勤めて参りました。矯正に関しても、先生の補助で一般的な業務全般に対応してきました。その中で、より多くの矯正患者様のお役に立ちたいという想いが芽生えてきました。
今までの業務スキルも活かし、かつ自身でも積極的に勉強会等でスキルアップしていきたいと考えております。ぜひ矯正歯科に力を入れられている貴院のお役に立ちたいと考えて志望させて頂きました。

05. 地元へ戻り転職する歯科衛生士さんの志望動機

私はこれまで訪問診療専門の歯科医院で6年間勤務してまいりました。とてもやりがいのある職場でしたが、この度家庭の事情で帰郷する事となり、今後は私の幼少期より地域医療を牽引してきた貴院に貢献したいと考え志望いたしました。
貴院は訪問歯科としても地域のみならず遠方の介護施設や病院への診療で貢献されていることも知り、私のこれまでの口腔ケア指導の経験を活かしながら、歯科衛生士としてさらにスキルアップできるのではないかと思い志望させて頂きました。

06. 都会に出て転職する歯科衛生士さんの志望動機

志望動機例1
私はこれまで7年間、地元の一般歯科クリニックで勤務をしておりました。地域に根差した歯科医療を提供する環境で、幅広い知識・技術を学んでまいりました。
しかし、特に都市部での歯科医院の専門化が進む中で、歯科衛生士としての見識をこれまで以上に深めたいと考えるようになり、上京してまいりました。特にインプラント治療に興味があり、認定歯科衛生士の取得を目指していきたいと思っています。
貴院の、患者様お一人お一人に最適な治療を提供される診療方針と、最先端の高度な治療技術に相応しい歯科衛生士になりたいと考えております。

志望動機例2
私はこれまで地方の一般歯科で5年勤務し、地域に密着した幅広い患者層を対象とした地域医療を学んできました。その中で特に審美歯科・ホワイトニングについて更に学びたいという思いが強くなり、この度上阪してまいりました。
将来的にはホワイトニングコーディネーターの取得も目指していきたいと考えています。 歯を美しくし魅力的な笑顔を作り出す治療が審美歯科だと考えており、貴院の診療方針に強く感銘を受け、就業を切望致しております。

07. パートから正社員へ転職する歯科衛生士さんの志望動機

私は、歯科衛生士として4年間歯科医院にて経験を積んできました。その後、出産・育児を機に退職。現在は復職し子育てを優先しながら働きやすい環境でパート勤務をしています。今年子供が中学生になり家庭が落ち着いてきたので、今後は歯科衛生士として再び成長したいと正社員での就業を希望しています。その中でも研修体制の充実した貴院で一から勉強しこれまでの経験も活かしながら働きたいと思っております。

08. 正社員からパートへ転職する歯科衛生士さんの志望動機

専門学校を卒業後、正社員として一般歯科で4年間勤務しておりました。結婚を機に退職しましたが、子育ても落ち着いてきたので、パートからの勤務を希望しております。近くに両親が住んでいる為、子供の事もある程度は任せる環境はございます。また、将来的には常勤として勤務させて頂き、貴院にて長く働いていきたいと思い志望させて頂きました。

09. 育児で5年間のブランクがあり復職する歯科衛生士さんの志望動機

これまで一つの医院で長く働いておりましたが、平成22年に結婚出産を機に退職し、その後育児に専念していました。しばらく医療現場から離れてしまいましたが、育児が一段落した為、歯科衛生士として医療現場の第一線で働きたいと思うようになりました。貴院では育休産休から復帰される方も多いとお聞きし、志望させていただきました。ブランクがあるため知識で劣る部分もあるかとは思いますが、前向きに日々の業務を勉強と捉えながら、もう一度頑張りってまいりますので、よろしくお願いいたします。

多くの歯科医院、クリニックと繋がりがあるからこそわかる1

急な面接でも大丈夫♪履歴書の書き方 ー履歴書ダウンロードー

面接のときに必要となる履歴書や職務経歴書。
コンビニなどでもすぐに購入できますが、こちらから無料でダウンロード、印刷できます。
※印刷するときは、A4用紙を2枚ご用意ください。

履歴書添削もプロにお任せ♪ ー転職サポートー

転職活動で求人探し、職務経歴書作成、面接準備などおひとりで困っていませんか???
デンタルWORKERには、長年の転職サポートでノウハウを培った「転職のプロ」が多数在籍。
あなたの転職活動を徹底的にサポートします!

求人のご紹介から、履歴書・職務経歴書添削・アドバイス、退職理由の話し方、面接・見学の日程調整、自分では言い出しにくい給与・待遇・勤務時間や配属希望など条件交渉まで全てサポートいたします。
ハローワークなどの求人票には載っていない、口コミ情報や実際の職場環境などをお教えします!

完全無料情報収集だけでもOK!!
履歴書添削・転職のプロに相談したい方はこちら
求人を検索する